【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの格言!自分自身の人生のタイムキーパーになるという事

江原啓之さんの格言で、自分自身の人生のタイムキーパーになると言うことについての話があります。

江原啓之さんの格言!自分自身の人生のタイムキーパーになるという事



人生のタイムキーパーになることで、メリットは多大にあります。

 

タイムキーパーになるとは、一体どういうことなのでしょうか?

 

誰の人生も有限だということ

 

江原啓之さんの著書である幸せになる100か条の中で、とても印象に残ったお話があります。

 

人生の時間は有限です。

 

日々健康でただ何となく過ごしていると、人生の時間に終わりがあると言う事は忘れてしまいがちです。

 

私もこうして気づかせていただくのですが、どうしてもすぐに忘れてしまい、人生は永遠に続くかのように勘違いしてしまいます。

 

永遠に続くとは思わないまでも、普通に80歳になり90歳になり、なんていう人生を想像してしまうものです。

 

でも私たちの人生はいつ何が起こるかわかりません。

 

突然明日人生の幕を閉じてしまうことも十分にあり得るのです。

 

人生の最後に行こうか後悔しないためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

人生のタイムキーパーになること

 

江原さんの言葉を借りるならば、自分自身の人生のタイムキーパーになることで、後悔しない人生を全うすることができるのです。

 

今なんでこんなことしてるんだろうとか、こんなことに付き合ってるの嫌だなとか、いろいろ感じることってありませんか?

 

もちろん、人間関係を築いていくことも人生において重要なことです。

 

ただあれもこれもでは、あなたの人生の時間がなくなってしまいます。

 

いろいろな中から取捨選択をし、優先順位つけていくことが重要になってくるのです。

 

常に時間は有限だと言うことを、頭の中に入れておくと良いかもしれませんね。

 

魂の命の時間を削って日々生きている

 

そして江原啓之さんの言葉でかなり腑に落ちたのが、命の時間を削っていると言う自覚を持つということが重要だということです。

 

私たちは魂の命の時間を削って日々生きてます。

 

その時間をどう使うか、私たち一人ひとりに委ねられています。

 

自分の魂の時間を粗末にしないように、この1年はどう生きるか。

 

1ヵ月1ヵ月をどう生きるか。

 

常に考えて生きていくことで、有意義な時間を過ごしていくことができるようになるのではないでしょうか?

 

私もこの話を知る前までは、なんて時間を無駄にしてたんだろうと思わざるをえませんでした。

 

でも気づいた時からでも遅くありません。

 

今からでも自分の人生を変えていくことができるのです。

 

あなたの人生どう使いたいか?

 

人生と言う有限な時間をどう使っていくのか、考えてみるきっかけにしてみてください。

 

江原啓之さんには、人生をどう生きればいいのか、豊かな人生を送る秘訣をいろいろ教えていただいいただいてます。

 

全て自分次第です。

 

気づくか気づかないかなのです。

 

1人でも多くの人たちが、豊かな人生を過ごせますように。