【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!大事な要件は会う手間を惜しまない事についてのお話

 

江原啓之さんの言葉で、

江原啓之さんの言葉!大事な要件は会う手間を惜しまない事についてのお話:eharahiroyukikuchikomi.hatenablog.com:

大事な用件を伝えるときについての言葉があります。

 

なるほどと思ったことでしたので、ご紹介させていただきます。

 

大事な要件は会う手間を惜しまない事についてのお話by江原啓之

 

きちんと説明が必要な大事な用件は、きちんと会って話す手間を惜しまないようにしましょう。

 

また、お礼などは、直筆の手紙にしたためて伝えるのがおすすめ。

 

手書きだからこそこもる「言霊」があるのです。

 

皆様は、きちんと説明が必要だったり大事な用件だったりは、直接会って話しますか?

 

もしくは、時間がないからといってメールなどで済ませてしまいがちでしょうか?

 

通信手段の発達により、メールやラインなどで大事な話も伝えるという方々が増えてきています。

 

近頃では、仕事の話もラインなどで行うと言う時代になってきましたね。

 

クラウド上で会議も行われたり、なかなか不思議な時代になってきました。

 

そんな時代ですが、やはり大事な話と言うのは、きちんと会って時間を作って直接伝えるのが礼儀というものなのではないでしょうか?

 

メールではどうしても食い違いが出てしまいます。

 

伝える側と伝えられる側の温度差があるだけでも、正しく情報が伝わりません。

 

そればかりか、正しく伝えたつもりでも、受け取り手側にとっては全く違う受け取り方をする場面も多々あるためです。

 

仕事上でのミスも、増えることになるのではないでしょうか?

 

もちろん単なる伝達事項などは、メール等でも十分かもしれません。

 

しかしながら意見の食い違いなどが生じたり、うまく説明が伝わらなかったりするような場合には直接会って伝えるべきでしょう。

 

お礼なども直接伝えるのが良い理由

 

またお礼等に関しても、直接伝えるべきだと江原啓之さんは言われています。

 

直接伝えたり、手紙等にすることで、言霊が伝わると言われています。

 

メールには、言霊はこもらないですね。

 

どうしても、機械的なものになってしまいがちなのがメールです。

 

会うのが難しい距離にいるのでしたら、直筆の手紙がベストでしょう。

 

手紙だからこそこもる言霊と言うのもあるはずです。

 

丁寧に手紙を書いて送ることで、喜ばれたりもします。

 

一手間かけることで、伝わり方が全然変わってくると言う事ですね。

 

私もなるべく大事なことは会って話すようにしています。

 

江原啓之さんに言われてから、意識するようになりました。

 

その結果、仕事のミスなども減るようになりました。

 

便利な世の中にはなりましたが、臨機応変に使い分けていくことが重要なんですね。

 

江原啓之さんには、仕事や人生において非常に重要なことをいろいろと教えていただいてます。

 

生きていく上で必要なことって、そんなに多くないはずです。

 

重要だと思われるようなことって忘れがちですが、それを気づかせてくれるのが江原啓之さんです。

 

江原啓之さんのお言葉は、良い人生を送りたいと言う方に非常にお勧めです。