【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!過去は輝いて見えるという事についてのお話

 

江原啓之さんの言葉で、過去は輝いて見えるということについての話があります。

江原啓之さんの言葉!過去は輝いて見えるという事についてのお話:eharahiroyukikuchikomi.hatenablog.com

過去にしがみついていた時に出会った言葉でしたので、かなりドキッとしました。

 

どうして過去が輝いて見えるのかについて、解説していきます。

 

過去は輝いて見えるという事についてのお話by江原啓之

 

もう長らく会っていない昔の想い人に、突然、「会いたい」と感じる瞬間があるかもしれません。

 

しかし、どんなに懐かしさにかられても、復縁を考えるのは早計。

 

すでにお互いの生活があるはずですし、過去は過去だからこそ、輝いて見えているのです。

 

あなたは、もうしばらく会ってもいないような昔の恋人に会いたいと感じる瞬間があったりしますか?

 

私は、しばらくの間昔の恋を引きずっていた時がありました。

 

私の中で、彼が人生で出会った最高の人のように、勝手に思っていたのです。

 

しかしながら、どんなに懐かしさを感じたとしても、それはただ単に懐かしく思うだけの話なのです。

 

今の自分自身の生活からして、その時に良いところばかりが頭に残り、過去は過去だから輝いて見えているだけなのです。

 

今の自分は生活している訳であって、過去の自分というのは思い出の中の話です。

 

今の状況が過去と違って見えるのは、当然と言えば当然の話です。

 

そして、人の頭では、過去は良いものにとして美化されがちなのです。

 

なぜなら人はそういう生き物だからです。

 

都合の良い事は忘れてしまい、過去は良いものとして記憶を書き換えてしまったりすることが往々にしてにしてよくあるからです。

 

過去にしがみついても何の良い事もないという事

 

そのため、輝いて見える過去にしがみついても、何のいいこともありません。

 

もしもタイムマシンがあったとして過去に戻ったとしても、今よりも状況が悪いと言うことがよくあることです。

 

過去は過去としてそっとしまっておくのが、1番良いことなのです。

 

思い出はきれいなまま取っておこうとよく言われたりしますが、全くもってその通りなのです。

 

過去をいくら見ても仕方がありません。

 

私たちが見るべきところは過去ではなく、現実なのです。

 

現実と未来を見ていくことで、今よりもより一層未来は幸せになっていくはずです。

 

未来をもっと良いものにしていこうという気持ちになるはずです。

 

江原啓之さんの言葉では、生きていくために、人生を良くしていくためにとても重要なことをいろいろ教えてくださいます。

 

その江原啓之さんの言葉は、今とても辛い思いをしている方、心が苦しい方などにとてもお勧めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク