【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!逃げを選ぶときとは波長が低い時

江原啓之さんの言葉で、逃げを選ぶときというのは波長が低い時だと言う言葉があります。

江原啓之さんの言葉!逃げを選ぶときとは波長が低い時

どうしても、逃げたくなることってあるものですよね?

 

前向きな挑戦を続けることと逃げを選ぶことについてご紹介していきます。

 

前向きな気持ち、逃げたい気持ち

 

人生は常に一定ではありませんよね?

 

前向きな気持ちで頑張れる時もあれば、逃げたい気持ちの時もあるものです。

 

江原啓之さん曰く、人生で逃げを選ぶときというのは、波長が低い時だと言われています。

 

言われてみると、本当に納得です。

 

今までの自分の人生で考えてみると、逃げを選んだ時というのは明らかに波長が低い時でした。

 

波長が低い時、波長が高い時の例

波長が低い時、波長が高い時の例

例えば、わかりやすい例で言うと、転職を例に挙げてみましょう。

 

いろいろ挑戦したいから、ここではもう学び切ったから、もっと自分の実力を試してみたいから転職すると言うのは、前向きな転職です。

 

しかしながら、この職場が嫌だから、もう疲れだからと言う理由で転職するのは、逃げによる転職ですよね?

 

一目瞭然ですが、後者の場合は、波長が低いのがわかりやすいですよね?

 

疲れている時、ネガティブな気持ちになって嫌だっていうのは、とても波長が低くなってしまいます。

 

だからこそ、今の職場が嫌だと感じているのかもしれません。

 

波長を上げていくことで、転職する必要がなくなるということもあり得ます。

 

もしも逃げからの転職なのであれば、その転職がうまくいかない可能性が高くなります。

 

まずは、今の状況がどうにかならないのか?

 

そのことからチャレンジしていくと良いでしょう。

 

逃げを選ぶ時は静の時期

 

逃げを選ぶときと言うのは、江原啓之さん曰く人生の中の静の時期だとも言われています。

 

おとなしくしてるというのとはちょっと違い、目の前のことに取り組む時です。

 

そんな時は、今できることを、コツコツ行い動の時期が来るのを待つと良いでしょう。

 

目の前のことをおろそかにしていたら何もできません。

 

まずはコツコツ、波長の低い時こそコツコツと努力をしていくことを忘れずに、今できることにチャレンジしていくべきでしょう。

 

そうすることで、いつの間にか波長は上がっていきます。

 

気持ちを強く持つこと。

 

あまりネガティブに考えないこと。

 

ネガティブに考え出すと、悪循環が始まります。

 

そんな負の流れを断ち切ることこそ、重要なことなのです。

 

今自分はどんな時期にいるのか?

 

何かしら決断する時の一つの指針にされてみると良いでしょう。

 

江原啓之さんには、生きやすくなるためにはどうしたらいいのか?

 

いろいろと教えていただいています。

 

世のなか捨てたものではありません。

 

良い人生を送っていきたいと思ってる方は、ぜひ江原啓之さんの言葉を参照してみてください。

 

人生の見え方が変わってくるはずです。