【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

自分で蒔いた種を刈り取るという事についてのお話

 

江原啓之さんの言葉で、自分でまいた種は自分自身で刈り取らなければならないと言う言葉があります。

自分で蒔いた種を刈り取るという事についてのお話

自分の行いは、全て自分に返ってくるとも言われたりしていますよね。

 

もっともだと思った言葉なので、ご紹介させていただきます。

 

自分で蒔いた種を刈り取るという事についてのお話by江原啓之

 

自分で蒔いた種は、あなた自身で刈り取らなければなりません。

 

どんなに逃げようとしても、必ず自分で返さなくてはならないのですから、謙虚に受け止めるようにしましょう。

 

自分でまいた種は自分で刈り取らなければならないと言うのは、自分でした事は必ず自分で責任をとらなければいけないと言うことにもつながりますね。

 

どんなに逃げたとしても、ずっとつきまとってくるのが、カルマですよね。

 

何か行ってしまったら、必ず、自分自身でまいた種は刈り取らない限り、一生付きまとわれることになってしまいます。

 

何かしてしまったときにはそんなようなことには気づかないはずです。

 

その時はおそらく、調子に乗ってたりする場合も多いからです。

 

しかしながら、冷静になって後で考えると、なんでこんなことをしてしまったんだろうと頭を抱えることでありませんか?

 

自分で蒔いた種を刈り取るにはどうしたらいいの?

 

自分でまいた種は必ず自分でかければいけませんよね。

 

過去の行いを反省し、そして今後そのようなことをしないようにするためには、修行が必要です。

 

もちろんずっと自責の念に囚われすぎるのも良いことではありません。

 

必ず、自分で何とかできるところまでは自分でするべきなのです。

 

逃げていても始まりません。

 

そして、反省をするのは良いことですが、一生自分を責め続けるのもよくないことです。

 

一生自分を責めて続けて、人生を台無しにしてしまうかたもいらっしゃるかもしれません。

 

若気のいたりだと反省し、今後そのようなことがないような人生を歩んでいくことで、カルマを解消することができるのです。

 

謙虚に受け止めて、そして、刈り取ったら水に流すことができることで、その後の良い人生を送っていくことができるようになるはずです。

 

江原啓之さんには、人生で大切なことをいろいろ教えていただいてます。

 

豊かな人生を送るためにはどうしたらいいのか、江原啓之さんのお言葉をチェックすることでいろいろとわかる部分があるでしょう。

 

人生を変えていきたい、過去にとらわれすぎて前に進むことができないと感じてるかたは、是非江原啓之さんの教えを頭に刻み込んで見てください。

 

道が開けてくるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク