読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!自分の評価をするのは自分ということについてのお話

あなたは人生において、赤の他人に下される評価に苦しんでいませんか?

自分の評価

昔からの習慣で、どうしても誰かの評価が気になってしまうと言う方もいらっしゃるでしょう。

 

江原啓之さんに教えていただいた自分の評価をするのは自分自身だと言う事について、ご紹介していきます。

 

自分の評価をするのは自分ということについてのお話by江原啓之

 

「人生の評価は自分自身ですることなのです」

 

「自分自身の幸せに責任を持っていますか」

 

人は、よく赤の他人から下される評価に苦しんで生きています。

 

私自身もこの手のタイプでした。

 

人から何を言われているのか、どんな評価が下されているのかを常に気にして生きてきました。

 

このように生きている人とは、小さな頃からのトラウマで、常に人に評価され続けてきたからです。

 

そして人と比較され、育ってきたためどうしても人の意見を気にしてしまうのです。

 

例えばテストで50点を取ったら、散々なじられ、100点をとれば褒められそのような人生を送ってきた人と言うのは、人の評価が気になって気になって仕方がないのです。

 

親に褒められるために、先生に褒められるために人の顔色を伺いながら生きてきたからです。

 

私は江原啓之さんのこの言葉に出会うまで、常に人からどんな評価が下されるのかを気にして生きてきました。

 

しかしながら自分自分の人生の評価は自分自身ですることなのですと言う江原啓之さんの言葉に出会い、それでいいのかなと思うようになりました。

 

周りの人たちが下す評価など関係ないんだと言うこと

 

周りの人の評価など関係ないと自分に行かせ、長年の積もってきたものを断捨離するのはとても大変なことでした。

 

しかしながら、自分の幸せは自分で作るものなんだということに気づかされ、自分主体で生きられるようになりました。

 

他人主体できるか、自分主体で生きるかで人生はかなり変わってきます。

 

他人主体で生きたとしても、誰もあなたの幸せに責任を持ってくれません。

 

だったら自分主体に生きてみても良いのではないでしょうか?

 

もちろんすぐにできることではありません。

 

長年のものを変えるのには相当な時間がかかるものです。

 

でもこれができたときには、爽快な気持ちになるはずです。

 

自分主体で生きてみたいと言う方は、ぜひ江原啓之さんの言葉を参照されてみてください。

 

あなたの中で必ず何かが変わっていくはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク