【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!気を遣う事についてのお話

 

江原啓之さんの言葉で、気を使うことについてのお話があります。

 

江原啓之さんの言葉!気を遣う事についてのお話:eharahiroyukikuchikomi.hatenablog.com:

気を使うことをと気を利かす事は全く違うことだということを知りました。

 

感銘を受けた江原啓之さんのお話をご紹介させていただきます。

 

気を遣う事についてのお話by江原啓之

 

媚びへつらったり、気を遣ってばかりいる人は、なかなか伸びていけません。

 

気を遣う理由が、悪く思われたくない、いい人に見られたいという小我だからです。

 

伸びる人は、周囲に対し細やかに気を利かすことのできる人なのです。

 

皆様は気を使う事と気をきかせること、つまり気配りができる事の違いをご存知でしょうか?

 

江原啓之さんのお話を知るまで、気を使う事と気配りについての違いをよくわかっていませんでした。

 

気配りが出来る人になりなさい。と言われた事がありましたが、その時はあまり意味を良く分かっていませんでした。

 

気を遣う事は自分中心の考えなの?

 

気を使うことと言うのは、嫌われたくないと言う自分自身の心の表れだと言うことを知りました。

 

相手によく思われたいという自分中心の考えだからです。

 

それに対して気を配ると言うのは、どうしたら相手が喜んでくれる顔読み取る相手中心の行動なのですね。

 

気を使うと、あなた自身は疲れてしまいませんか?

 

それと同時に、気を使われた側も使わ疲れてしまうのです。

 

その部分を、未だかつて考えたことが無かったのです。

 

気配りできる人になるためには、きちんと相手を見ていなければなりません。

 

相手に無関心では、気配りができないためです。

 

プライベートにおいても、仕事関係でも、気配りができない人はダメだとされています。

 

それはつまり、きちんと相手との関係を築くこともしていないと言うようにも読み取れます。

 

気を使うって事は相手にも気を使わせてしまっていると言うことを、きちんと考えて相手に気づかれないように配慮するのが気を配るということなのではないでしょうか?

 

人間関係を、潤滑にするためには気配りは絶対に必要なことですよね。

 

その方にとって、今何が必要なのかを考えること、今足りないものを考えて配慮するのが気配りができる人だと言うことを知りました。

 

江原啓之さんの言葉は、生きていくために必要なことをたくさん教えてくださいます。

 

相手のことを考えて人間関係をスムーズにしていくためにも江原啓之さんの言葉はとってもお勧めです。