【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!本当の窮地に陥った時のお話

 

江原啓之さんのお言葉には、いつも勇気を頂いています。

江原啓之さんの言葉!本当の窮地に陥った時のお話:eharahiroyukikuchikomi.hatenablog.com:

 

今回のお話は、本当の窮地に陥った時のお話です。

 

ものすごく身に染みたお言葉でしたので、シェアさせて頂きたいと思います。

 

本当の窮地に陥った時by江原啓之

 

弱音を吐いたり、ネガティブな発想しか思いつかない時は、実はまだどこかに余裕があるのです。

 

本当に窮地に陥ったら、人は本気で行動します。

 

本当の窮地に陥ると、人は本気で行動すると江原啓之さんは言われています。

 

結構私は、色々な事で弱音を吐いてしまったり、ネガティブな事を思ってしまったりしてしまうタイプです。

 

でも、そういう時って本当のピンチではないという事なんですね。

 

まだそうやって文句を言ったりする余裕があるという事だという事を江原啓之さんのお言葉で気づかせて頂きました。

 

何か嫌な事があったり、自分の思い通りにならなかったりすると、どうしても不平不満を言いたくなってしまいます。

 

それって、余裕があるという事なんですね。

 

本当の窮地に陥ったら本気で行動するという事

 

本当の窮地に人は陥ると、文句を言ってる暇もありません。

 

どうにかして今の状況を抜け出さなければなりませんよね?

 

そういう時には、人は文句なんて言ってる場合ではないはずです。

 

まさに、火事場のバカ力という事でしょうか?

 

窮地に陥った時に、行動する事ができ本当の力を発揮することができる。

 

文句を言う前に動かないとどうにかなってしまう。

 

例えば、自分の大事な方の身に何かが起こってしまうとか、そういう状況になったら人は文句なんて言わずに絶対動きますよね?

 

もう嫌だと思って文句ばかり言ってる状況と言うのは、全然ピンチな状況ではないという事なんですね。

 

今まで、私は本当の窮地に陥った事がないんだと思います。

 

なぜなら、文句ばかり口から出てしまったりすることも多々あるからです。

 

今後の人生、文句を言ったりする行為を悔い改めなければならないという事を知りました。

 

江原啓之さんのお言葉で、今までの自分の行為を恥ずかしく思うことが多々あります。

 

江原啓之さんのお言葉で、色々と成長できている自分に気づきます。

 

もっと良い人生を送って行きたいと思われてる方、人として素敵な人になりたいと思われてる方に特にお勧めなのが、江原啓之さんのお言葉なのです。

 

これから先の人生、人として成長していきたいと思われてる方は、是非江原啓之さんのお言葉をおススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク