【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!待たされることにも意味がある事についてのお話

江原啓之さんの言葉で、待たされることにも意味があるんだと言う言葉があります。

 

待つことの意味

とんとん拍子に進んで行くような出来事、なかなか進まない出来事って分けられたりしませんか?

 

なんで待たされる事に意味があるのか、江原啓之さんのこの言葉を知って初めてわかりました。

 

待たされることにも意味がある事についてのお話by江原啓之

 

待たされることにも意味があります。

 

うまくいく流れにあるときには、トントン拍子に進むもの。

 

何か躓くことが多い時は、焦らずに状況の変化を待ちましょう。

 

とんとん拍子にことが進む時と言うのは、本当にどんどん進んでいくものですよね?

 

河の流れのように、次から次に物事が解決していき、良い方向に導かれて行きます。

 

意図してそうしているわけではなくても、簡単にそういう方向に進んでいくものなのです。

 

そんな時は、流れに沿って動いていくことでどんどん良い方向に行くことができるものです。

 

反対に、何をしてもつまずくことが多いことってありませんか?

 

そんな時というのは、天の神様が今じゃないと言うことを教えてくれているのかもしれません。

 

つまずきとして、何かしらを知らせてくれているのです。

 

待たされてる時に焦っても仕方がない

 

そういう時に焦っても何もいいことがありません。

 

そんな時は、状況の変化を待ってみるのも1つの方法だと言う事江原啓之さんに教えていただいたのです。

 

確かにこれは運気の話と通じるものがあり、運気が良い時というのはどんどんいろんなことにチャレンジしてみるべきで運気が悪い時と言うのは、下積みの時代だと言うことを以前江原啓之さんが言われてました。

 

運気が悪い時こそ、待たなきゃいけませんよね?

 

そして、待たされると言うことにも意味があるんだと言う事について、深く理解するきっかけとなった言葉でした。

 

人生はうまくできていて、常に良い時期を過ごせる人なんて1人もいないものです。

 

だったら人生のバイオリズムに従って、良い流れがあるときにはどんどん進み、悪い流れのときには状況の変化を待つと言う習慣をつけてことでいろいろなことがうまくいくようになるんじゃないかと思ってます。

 

江原啓之さんに教えていただいたことを実践していくことで、良い人生を作っていくことができます。

 

今の人生はなんとなく違うと感じている方は、ぜひ江原啓之さんの言葉を参照されてみてください。

 

もっとスムーズに人生を渡っていけるようになるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク