【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!子供の人生は子供のものだということについてのお話

江原啓之さんの言葉で、子供の人生は子供のものだと言うお言葉があります。

子供の人生は子供のもの

どうしても、自分の子供には良い人生を歩んで欲しいと色々と押し付けてしまったりしがちですよね?

 

全くもってその通りだと思うのでご紹介させていただきます。

 

子供の人生は子供のものだということについてのお話by江原啓之

 

子どもの人生は、子どものものです。

 

あなたのものではないのですから、子どもの自主性を尊重しましょう。

 

今の時代、いえ昔からよくあることかもしれませんが、子供の人生を親が決めてしまいレールを敷いてしまうと言うことって結構よくあることですよね?

 

私もそのような環境で育ってきましたが、そういう人生で育った育ってしまうと、自主性と言うものがなくなります。

 

これをすれば褒められるからとかこれをすれば嫌われちゃうからとか、怒られるからとか、そのような基準で物事を考えるような子供になってしまいます。

 

自分がしたいからとか、そういう要素が全くそだたなくなってしまうのです。

 

今まさに問題になっている、自分軸で生きることができなくなり、他人軸で生きるようになるということですね。

 

江原啓之さんは、子供の自主性を尊重しましょうと言われてますが、今の時代も中なかなかそれができない方が多いはずです。

 

自分がこれができなかったから子供にはこれをしてほしいとか、それは親の勝手なエゴなのではないでしょうか?

 

子供の自主性を尊重できる環境を作ること

 

小さな頃から、子供の自主性を尊重し自分で取捨選択ができるように育てていかないとこれから先、生きていくのが大変な世の中になってしまいます。

 

私自身は、江原啓之さんの言葉に出会い、自分で決めていいんだと言うことに気づかされました。

 

自主性は、いきなり持てるではありません。

 

また、自主性のない子供と言うのは自己評価もとっても低かったりします。

 

なぜなら、他者評価でしか生きてないからです。

 

そうなってしまうと本当にこれからの人生地獄です。

 

自分の可愛い子供にそんな人生を歩ませるのはかわいそうですよね?

 

後から気づいても、遅いのです。

 

あなたの人生と子供の人生は切り離して、別々の人生だと考えて生きるべきなのです。

 

まだ子供だからとか、そんなこと言ってる場合ではありません。

 

子供の頃からの習慣でそして環境で子供というのは育っていくものなのです。

 

正直言って大人になってから変えるのは本当に大変なことです。

 

私自身経験したことなので言えることですが、どんな環境で育つかによって本当に性格と言うのは変わってきます。

 

子供の人生は子供のものだと言うきちんとわきまえて、育てをしてことがベストの選択なのではないでしょうか?