【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!夜明け前が一番辛い事についてのお話

 

江原啓之さんのお言葉は、私の人生を変えてくれました。

 

江原啓之さんの言葉!夜明け前が一番辛い事についてのお話:eharahiroyukikuchikomi.hatenablog.com:

特に、辛かった時に江原啓之さんの言葉と出会い、明けない夜はないという事を知ったのです。

 

そんな中から、私のお気に入りのお言葉をご紹介させて頂きます。

 

夜明け前が一番辛い事についてのお話by江原啓之

 

「夜明けの前が一番暗い」という言葉は真理です。

 

人生の試練にある時は、次に来る光を思いましょう。

 

試練を乗り越える過程で努力することを怠らなければ、道は拓けます。

 

何かにもがき苦しんでる時って、本当に辛いですよね?

 

前もみえず、このまま進んで行っても良いのかどうか、戸惑ったりもします。

 

試練がある時は、遠くにキラキラ光る光があったとしても、見えなかったりするものです。

 

ちょっと前の私は、まさにそのような状態でした。

 

私の場合は仕事の事ですが、仕事を辞めてやりたかった仕事についたのですが、光をなかなか見出すことができませんでした。

 

このまま進んでいいのかどうか、かなり迷いました。

 

でも、江原啓之さんのこのお言葉と出会い、道は開けるんだと信じて頑張りました。

 

夜明け前が一番辛いという事は本当だった

 

江原啓之さんは、道が開ける前の夜明け前が一番辛いとおっしゃられていました。

 

まさにその通りでした。

 

夜明け前は、本当にもがき苦しんでいました。

 

多くの人は、この夜明け前で諦めてしまうんだそうです。

 

あとちょっとの所で諦めてしまうから、勿体ない事になるんだそうです。

 

言われてみたら、そうかなと納得がいきました。

 

夜明け前のこの辛い時、あとちょっとで何かを掴めそうな時に諦めてしまったら、何も手に入りません。

 

手に入れたいものは、何がなんでも手に入れる気持ちで必ず開けない夜はないと信じて進んで行くことの重要さを知りました。

 

後ちょっとの所が一番辛いんだという事を自分に言い聞かせて、進んで行った結果が今になります。

 

本当に開けない夜はありませんでした。

 

そして、夜明け前が本当に一番辛い時期で、そこを乗り越えてしまえば幸せな未来が待ってました。

 

なかなかそれに気づく事って出来ません。

 

なぜなら、夜明け前はかなり苦しいからです。

 

でも、その真理を知っているか知らないかで、こんなにも違うんだという事を知りました。

 

江原啓之さんのお言葉を知り今の私があります。

 

感謝してもしきれません。

 

もがき苦しんでると言う方は、夜明け前が一番苦しいんだという事を心にとめて進んでみませんか?