【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!元氣の氣の字についてのお話

江原啓之さんの言葉で、元気の気の字についての話があります。

元氣の氣の字

元気はいま現在は漢字は簡略化されてしまっていますが、もともとは元気とは、「元氣」という漢字が正しい漢字なのです。

 

元氣の氣の時が持つ意味について、ご紹介します。

 

元氣の氣の字についてのお話by江原啓之

 

「“元氣”の“氣”の字はお米です」

 

「食べるだけではありません。エナジーによって生かされているのです」

 

元気と言う言葉は、元気と書きますが、日常何気なく元気という言葉を使っていませんか?

 

実は、正しい元気と言う漢字は元氣という漢字になるのです。

 

私も江原啓之さんに教えていただき、初めて知ることになりました。

 

昔の人はよく考えたもので、きちんとお米を食べてエナジーを得ることによって気力が出ると言うように考えています。

 

元氣と言う感じは、気を元に戻すと言うふうに書きますよね?

 

そして、元氣の氣という漢字の中には、お米という漢字が使われているのです。

 

気が元に戻ることで、元気になると言う意味合いで元気と言う言葉が使われます。

 

普段生きている中で、なかなか気を元に戻すと言う意味で元気と言う言葉を使うと言う方はあまりいらっしゃらないはずです。

 

私も江原啓之さんの、この言葉を知るまで元気と言う言葉はただ何気なく使っていました。

 

ただ何気なく使っている元気と言う言葉ですが、深い意味が込められているのです。

 

人生においてとても大切な「気」

 

人は、昔から気をとても大切にしてきました。

 

気と言うのは、目に見えないものですが、気の存在のおかげで、私たちは元気に生きることができています。

 

というのは、精神的にも肉体的にもどちらのバランスを崩した時にも弱ってしまうものです。

 

体調が悪いときにはもちろん精神的にも痛手を負いますし、精神的に辛い時と言うのは体調も悪くなるものです。

 

私たちの体というのは、すべてつながっているのです。

 

元気になるためには、エナジーを得る必要があります。

 

エナジーを得るには、お米を食べることで気力を得ることができるんだということを知ったのです。

 

炭水化物ダイエットをちょうどその時行っていて、気力がないと感じている時だったので、こういうことだったのかと思い、炭水化物ダイエットはやめることにしました。

 

お米をきちんと食べ始めてからは、力が戻ってきました。

 

日本人にお米が必要なんだと言う意味がようやくわかりました。

 

無理をして何かをしようとしても得られるものってないんだなと言う事を、江原啓之さんのこの言葉から学ばせていただきました。

 

最近気力が足りないと言う方は、お米を食べられてみてください。

 

元氣をたっぷりと頂ことができるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク