【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!誰にでも人生の終わりは訪れる事についてのお話

江原啓之さんに教えていただいたことで、誰にでも人生の終わりが訪れると言うことについての話があります。

江原啓之さんの言葉!誰にでも人生の終わりは訪れる事についてのお話

まだ若いから大丈夫と言うのは幻想です。

 

いつ誰に、どんなことが起こるのかわからないものです。

 

何が起こってもいいように、人生の終わりについて考えておくのも1つの重要なことなのです。

 

誰にでも人生の終わりは訪れる事についてのお話by江原啓之

 

どんな人にもやがて、死は訪れます。

 

ですから、ひとごとだととらえず、いまのうちからエンディングノートを書いておきましょう。

 

それが、今を生きるあなたの大いなる安心にもつながります。

 

まだ若いからとか、まだまだ人生はこの先長いからとか、そんなことを言っているといつの間にかあっという間に死期が訪れます。

 

いつ人生の終わりが訪れるのかは誰にもわからないものです。

 

しかしながら、終わりを予想して、いつ何があってもいいようにしておくのも大切なことなのです。

 

自分自身に何かあったときに、おそらくあなたの周りにいる人たちはあたふたしてしまうはずです。

 

そんなことにならないように、前もってきちんと準備しておくのが賢い人生の終わりの迎え方なのです。

 

具体的な方法として、江原啓之さんに教えていただいたのが早いうちからエンディングノートを書いておくという方法です。

 

エンディングノートの書き方とは?

 

エンディングノートとは、例えば大切な人に向けたメッセージだったり、自分自身のインターネット等の管理のパスワードだったりと、解約しなければいけないもの等の記録も全て残しておくのがエンディングノートです。

 

ペットなどを飼っている場合には、注意しなければいけないこと、これはあげたらアレルギー反応が起こるとか、いろいろありますよね?

 

そういうことも併せて書いておかなければいけないのがエンディングノートなのです。

 

誰かに作ってもらうこともできますが、自分自身で作成することも可能です。

 

ノートに重要なことを、自分に何かがあったときのことを書いておくだけなので簡単に作ることができます。

 

今の時代、いつ何があるかわからないものです。

 

エンディングノートは、ある程度年齢が行った世代の方々に必要なのではなく、私たちのような世代にも必要なものなのです。

 

エンディングノートを書く書いていくことで得られる事は、人生は有限だということに気づくことです。

 

人生が有限なんだということに気づくことで、今しなければいけないことがいろいろ見えてきます。

 

人生って、ほんとに呆気ないものです。

 

ある程度の年齢に達していると言う方は、気付いたらもうこんな歳だったと言うことでありませんか?

 

40歳になったと言う方は、人生の折り返し地点はもう既に過ぎていると言うことですよね?

 

平均寿命が伸びてきてるとは言え、みんながみんな80歳まで生きられるとは限りません。

 

例えば、60歳まで生きるとしたら、あと20年しか時間がありません。

 

そういうふうに考えていくと、人生の時間て本当に短いものなのです。

 

体は、年齢を経ていくうちにガタが来るのは当然です。

 

できることも、狭まってくるはずです。

 

子供の頃にはできたことが、今できないことってたくさんありませんか?

 

小さい頃には全然疲れなかったのに、今は疲れるようになったそんなこともありますよね?

 

このように人の体というのはだんだん衰えていくものなのです。

 

エンディングノートをつけることによって、こういうことにも気づく役割があるので、必ず、未来について、そして人生設計を考えておくべきなのです。

 

長いようで短いのが人の一生だということに、気づくことができるはずです。

 

江原啓之さんには、人生でとても大切なこといろいろ教えていただいてます。

 

人生は有限です。

 

なかなか自分の頭で気づくことができないことを教えてもらえるのが、江原啓之さんの名言なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク