【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの予言、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!与えられた命を最大限生かしていくこと

私たち人間の命は永遠ではないですよね?

江原啓之さんの言葉!与えられた命を最大限生かしていくこと

私は何才まで生きるんだろう?

 

なんて漠然と考えたこともありますが、これに対して答えは出ないですね。

 

そんな寿命について、江原啓之さんが魂の視点から教えてくださったのでシェアしていきます。

 

私たちの寿命は生まれた時から決まってるの?

 

江原啓之さんがおっしゃられるには、魂の視点で考えていくと寿命というのは生まれた時から決まってるんだそうです。

 

この世でどれだけ生きるのか、ちゃんと決めてやってくるんですね。

 

人それぞれ学びは異なります。

 

そして、寿命も異なって当然なのですね。

 

早くこの世を去る人は不幸なの?

早くこの世を去る人は不幸なの?

今世では、早く亡くなられた方を可哀想だとかいう風潮がありますね。

 

でも、魂的な考え方をすると、早く亡くなられたから不幸ということはないんですね。

 

むしろ早く亡くなられた=素敵な天界に帰る事ができるという考え方なのです。

 

天界の記憶はありませんが、天界とは素敵な場所で、様々な経験を積むために魂はこの世に降りてくるという考え方をするものなのです。

 

そしてまた輪廻転生し、新たな課題を与えられてこの世に降りてくるんですね。

 

そう考えると色々な事が納得いきます。

 

早くこの世をさる事は不幸でもなんでもなく、ただそう決まってるだけなのです。

 

それまでの間に学びをきちんと終えることができてるという事なんですね。

 

与えられた寿命は延びたり縮んだりするの?

 

江原啓之さんの視点では、与えられた寿命は縮んだりするとおっしゃられてました。

 

この世には、大気汚染の問題だったり、食事で体を蝕むという問題だったり。

 

色々ありますよね?

 

自ら食べ過ぎてしまったり、悪い環境に行ったりする事で、寿命を縮めているんだそうです。

 

言われてみると本当にそうだなと感じます。

 

私たちの肉体は、魂の視点で見ると入れ物です。

 

この地球で生きるための大切な入れ物なんですね。

 

それなのにも関わらず、あまり大切にしてなかったりしませんか?

 

そう言われて、色々と思い当たる節があるはずです。

 

与えられた寿命をすり減らさないためにも、自分自身で気をつけていくべきなのです。

 

長く生きればいいってものではありませんが、長くいきていれば課題もこなしやすくなりますよね?

 

課題をきちんとこなし、次の世代に持ち越さずに次に生まれてくるときは新たな課題を行えるようにしたいものですよね。

 

ちなみに、伸びることは稀だと江原さんはおっしゃられてました。

 

決まってることなので、自分次第で縮む事があっても伸びることはほぼないという事なんですね。

 

与えられた命を最大限いかす方法

 

それでは、与えられた命を最大限生かしていくためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

前述の通り、与えられた肉体を大切にすることです。

 

また、自分自身と常に向き合い、魂と繋がる事なのではないでしょうか?

 

自分と向き合うことで、魂と向き合い繋がる事ができます。

 

魂が何を求めてるのか?

 

今世では何を成し遂げるべきなのか?

 

知る事ができるのではないでしょうか。

 

自分と向き合う事で知った魂の使命をこなしていく事で、与えられた命を最大限に生かしていく事ができるはずです。

 

江原啓之さんには、いきていく上で大切になってくることを色々と教えていただいてます。

 

どうしたら、良い人生を生きられるのか?

 

今が苦しくて仕方がない。

 

という方は、ぜひ江原啓之さんの言葉を参照してみてください。

 

人生変わるはずです。