【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの予言、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんのスピリチュアルで病気を悪いものじゃなくしてみませんか?

病気になれば、誰だって病気が憎くなり、そして病気になってしまった自分を呪ったりしますよね。

江原啓之さんのスピリチュアルで病気を悪いものじゃなくしてみませんか?



江原啓之さんのスピリチュアルを知ると、病気は総じて悪いものではない。

 

ということに気づくことができます。

 

江原啓之さんは、病気になってしまった方々へ、メッセージを伝えています。

 

江原さんのスピリチュアルを利用することで、病気になってしまった自分の人生を恨んだりするのをやめませんか?

 

スピリチュアルではなぜ病気になるの?

 

私たち人間は、肉体を持ってる以上病気になってしまうこともあったりします。

 

魂の存在であれば、病気になることはありません。

 

でも、肉体を持ってるからこそ体験できることってたくさんあるのです。

 

その中の一つが、病気なのではないでしょうか?

 

もちろん病気になんてならないに越したことはありません。

 

病気になってしまうと、途端に自分の人生が暗く感じてしまったりするものですよね。

 

でも、病気は悪い側面ばかりではありません。

 

スピリチュアル的に見ていくと、病気というのは生きている中でストレスがかかり、精神的にもいろいろと負担がかかっていく。

 

そんなメンタルの歪みというのが、病気につながっていると江原さんは言われています。

 

病気になるのは、心身ともにバランスが取れなくなってしまってるからなんですね。

 

長く生きることが幸福な人生ではない

 

スピリチュアル的な観点からは、長生きすることが幸福な人生とは限らないと言われています。

 

よく、短命で終わってしまった方の人生を、かわいそうになどと言ったりしますが、これはスピリチュアル的に見ていくと間違いなのです。

 

生きてる長さでは測れないのが、私たちの人生なんですね。

 

たとえ、若くして亡くなられても、いろいろな経験をされた方ってたくさんいらっしゃるはずです。

 

その方の魂が経験すること、学ぶことはその中にきちんとあったということなんですね。

 

江原さんがよくおっしゃられる言葉ですが、人は死して死なない。

 

という言葉でお話しされてたりします。

 

これは、肉体が滅びてしまったとしても魂は永遠だということですね。

 

私たちの魂は生き続けているということなのです。

 

病気から何を学べるか?

 

スピリチュアル的な観点からは、病気から何を学ぶか?

 

が大切になってきます。

 

病気から学べることってたくさんあるはずです。

 

もしかしたら、病気になることで失ってしまうこともあるかもしれませんね。

 

そんな中で、玉ねぎの皮がむけるかのように、本当のあなたが浮き彫りにされませんか?

 

そこに、あなたの魂の目的が隠されているかもしれないのです。

 

病気になることでそれを知れたということですね。

 

病気は悪と捉えがちですが、見る側面を変えることで、見えてくることってあるはずです。

 

なぜ病気になってしまったのか?

 

必ずヒントはあなたの中にあるはずです

 

病気になってしまって苦しいという方は、ぜひ自分自身と向き合われてみてください。

 

そこに何らかの答えが見つかるはずです。