【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!でもやだってについてのお話

 

江原啓之さんには、生きていく上でとても大切な事をたくさん教えて頂いてます。

 

江原啓之さんの言葉!でもやだってについてのお話:eharahiroyukikuchikomi.hatenablog.com:

今回の、でもやだってのお話は、心当たりがあるという方も多いのではないでしょうか?

 

江原啓之さんの、「でも」や「だって」についてのお話です。

 

でもやだってについてのお話by江原啓之

 

自分の非を指摘されると、「でもあの人が.....」 「だってみんなが.....」と、すぐに「でも」「だって」を言う人がいます。

 

そういう人は霊的真理をわかっていないのてす。

 

人のせいにしてばかりでは成長できません。

 

自分に起きることはすべて、自分自身のカルマが返っているのです。

 

たしかに、「あの人」や「みんな」が悪いという場合もあるでしょう。

 

しかし、そうであっても、自分自身の非を反省し、よりよい自分に成長することはできるはずです。

 

「でも」「だって」を言ってばかりいると、なにも変わりません。

 

自分も変われないし、現実も変わらない。

 

ひいてはまわりにいる人たちも変わらないのです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

色々な所で「でも」「だって」を使うのは良くないという事が言われています。

 

この言葉には、成長がありませんよね。

 

でも、やだって、という言葉を使う事で逃げている事にも繋がってきます。

 

逃げるのは簡単です。

 

受け入れるのは難しい事です。

 

自分自身の行いが帰ってきているという事

 

自分自身でいつか撒いた種が、自分の所に帰ってきてるだけだと言う事を認識して行かなければなりません。

 

そして、帰ってきたカルマは仕方がないことです。

 

返ってきたとしたら、なぜこのような事が起こる事になったのか、きちんと考えていかなければなりません。

 

それが出来なければ、何も変わらないんですよね。

 

でも、や、だってと言う言葉を使うことで、自分に非はないと言ってるようなものです。

 

何か事が起こった原因を、他人のせいにしてるだけです。

 

自分には非が何もなかったのか、きちんと考えていく必要があります。

 

今起こってる事は、すべて自分自身の撒いた種が大きくなった結果だときちんと受け止めて、自分自身が成長していけるようにしていく必要があります。

 

江原啓之さんのお言葉を知り、でもやだってという言葉を使う頻度が減りました。

 

時には、気づいた時には言ってしまってる事もあります。

 

出来る限り、減らしていけたらと考えています。

 

そして、最終的にはでもやだっては使わないようにできたらと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク