【スピリチュアルカウンセラー江原啓之】パワースポットと口コミ

スピリチュアルカウンセラーの肩書きを持つ江原啓之さんとはいったい何者なのでしょうか?江原啓之さんの占いについて、江原啓之さんの言葉、江原啓之さんの2016年の予言、そして2016年のカレンダー、2016年講演会について、そして江原啓之さんが言うパワースポットについて解説していきます。

江原啓之さんの言葉!その先を思い描くことについてのお話

江原啓之さんの言葉で、苦難に直面したときにはその先を思い描けばいいと言う言葉があります。

江原啓之さんの言葉

あなたは、苦難に直面した時どうしますか?

 

逃げてしまいますか?

 

それとも乗り越えようと努力しますか?

 

その先を思い描くことについて、ご紹介していきます。

 

その先を思い描くことについてのお話by江原啓之

 

苦難を前にしたとき、大切なのはその先の夢を描くことなのです」

 

「果てしないと考えないでください。ただただ夢を紡ぐ毎日であればよいのです」

 

生きていれば誰であっても苦難に直面することが多々あるはずです。

 

何事もなくスムーズに人生を歩んでいけると言う方は、おそらくほとんどいらっしゃらないはずです。

 

大切なのは苦難に直面したときにどうすればいいかと言うことなのです。

 

苦難に直面したときに1番大切になってくるのが、苦難を乗り越えた先を思い描くことだと江原啓之さんが言われています。

 

大きな壁が立ちはだかった場合、身動きが取れなくなりませんか?

 

また、先のことなど、考えることができなくなるはずです。

 

なぜなら今の目の前にある壁が大きすぎて、先なんて見渡すことができないからです。

 

苦難の先にある未来を思い描くこと

 

砂漠にいて砂が舞う中、遠い遠い先の方まで見渡すことなんてできないですよね?

 

でも敢えて、その先を思い描いてみてください。

 

きれいなお水がたっぷりある泉が見つかるかもしれません。

 

砂漠を脱出することができるかもしれません。

 

その時大切なのが、果てしないと考えないことだ江原啓之さんが言われています。

 

いつになったらオアシスのお水が現れるんだろうなんて思っていると、いつまでたっても水にたどり着くことができないのです。

 

果てしないと考えずに、自分のペースで少しずつでもいいので進んでいくことをイメージしていくことで、いずれオアシスにたどり着くことができるのです。

 

まだダメじゃないと自分に行聞かせることで、必ず最後にはオアシスにたどり着くことができるようになると言うことを、江原啓之さんに教えていただきました。

 

辛いことが自分の目の前に起こってしまうと、なかなか未来をイメージすることなんてできなくなるものです。

 

それが人ですよね?

 

しかしながらそんな時こそ頭の片隅にその先を思い描くことと言う自分をしまい込んでおくことで、引っ張り出してくることができるようになるはずです。

 

乗り越えられない壁は無いはずです。

 

先を思い、少しずつ進んでことで必ず乗り越えることができるものだと言う事江原啓之さんに教えていただきました。